お知らせブログ

HOME > ブログ > お知らせ > 【ブログ第21回】巡回監査に力を入れている会計事務所です

サイト内検索

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

最新の記事

プロフィール

その他

【ブログ第21回】巡回監査に力を入れている会計事務所です

 お客様を訪問することを、松原会計では「巡回監査」または「巡回」と呼んでいます。

巡回で何をするかというと、

・会計処理に必要な資料を頂き、その場でチェックします。

・前回巡回時に頂いた資料をもとに作成した月次決算書類をお渡しします。

・月次決算の数字を見ながら、お客様と経営状況についてお話しをします。

・問題や悩みがあれば、相談に乗って解決に導きます。

・そして、節税アドバイスです。


節税アドバイスは、節税を要する状況の兆候を発見し、対策をアドバイスするものです。

その兆候には、会計数値に現れる場合と、現れない場合とがあります。

会計数値に節税を要するシグナルがでている場合は、

月次決算書の会計数値をみればシグナルを発見し問題提起することができます。

一方で、例えば決算期末に多額の売上や利益が上がることが予想される場合など

過去の会計数値だけでは読み取れないシグナルもあります。

これについては、あらかじめ最新の経営情報をお話しして頂ければ対策の可能性が広がります。

つまり、節税を考えるうえで、過去の会計データだけでなく、決算を左右する経営方針の変化、

受注状況など未来予測情報に対してもセンシティブ(敏感)になる必要があります。

ゆえに、決算を見据えて未来予測情報を得るために行う巡回時のヒアリングは非常に重要で、

単なる書類のやりとりではなく、訪問してじっくり話すことに重きを置いております。

これが巡回する本質的な意義です。


愛知県一宮市
確定申告 法人決算 税務顧問
松原総合会計事務所



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック