お知らせブログ

HOME > ブログ > お知らせ > 【ブログ第35回】桜まつりのなか新年度を迎える

サイト内検索

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最新の記事

プロフィール

その他

【ブログ第35回】桜まつりのなか新年度を迎える

2013年4月。新年度に入りました。

松原会計から見える大江川の桜は
いままさに満開で見ごろを迎えています。

昨日4月1日は、入社式が多く行われていました。

棚卸の立会で伺った会社さんには、
入社式の慌ただしいなかご対応いただきました。

私の監査法人就職時を振り返ってみますと、

会計士業界は、毎年、その年の合格者が一斉に採用される
定期採用が基本となっていて、3〜5年くらいの周期で、
売り手市場と買い手市場が交互に訪れる
ちょっと特殊な業界です。

私の合格時は、買い手市場で厳しい就職難だったため、
入社式では、無事就職できた喜びを噛みしめたものです。

今年の入社式、

厳しい経営環境の中で
あえて新卒採用をした企業の経営者からは
新入社員がもつ柔軟な発想やバイタリティに
寄せる期待の大きさを感じます。

変化の激しい時代、
40年先にいまの会社がどうなっているかは予測不可能です。

これからの時代をどう生き抜くか、
きっとそんな思いで

今年の新入社員の口元は引き締まっていたのではないでしょうか。


愛知県一宮市
松原総合会計事務所


厳しい冬を乗り越えた桜が咲き誇っています(一宮市大江川)。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック