お知らせブログ

HOME > ブログ > お知らせ > 【ブログ第39回】いつやるか? 今でしょ!

サイト内検索

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

最新の記事

プロフィール

その他

【ブログ第39回】いつやるか? 今でしょ!

 「いつやるか? 今でしょ!」
某予備校講師の、この言葉が耳にこびりついて離れません。
今年の大ヒットですね。


さて、中小企業金融円滑化法は3月31日で期限を迎え、
中小企業を取り巻く金融環境はいかに変化したのでしょうか?

キーワードは、

「弱者救済」から「自立経営支援」への大転換
です。

円滑化法の詳しい説明は省略しますが、

「貸付条件の変更や円滑な資金供給に努めるよう
金融機関に促すスタンスは変わらない」
とする金融庁長官の談話もあって、
いまのところ、私の周囲でも劇的な変化はみられません。

しかしながら、

3年4ヵ月続いたこの法律が打ち切られることにより
中小企業の返済猶予を実質的に認める法的根拠が失われたことは
厳然たる事実。

その一方で、国が用意した施策が
「認定支援機関(経営革新等支援機関)」です
(私も認定されています)。

そして、2012年度補正予算、アベノミクスで導入された
「認定支援機関による経営改善計画策定支援」事業 なんと405億円。

これ、なかなか良い制度でして、
金融機関の要求を満たす高い水準の経営改善計画を作成する場合に
かかる専門家(認定支援機関)への報酬のうち3分の2、上限200万円が
国から補助金として支払われる制度なのです。

つまり、
「弱い企業を助ける」→「がんばる企業を応援する」


経営者の方々は、まだこの変化を感じていないと思いますが、
金融環境は確実に大転換をしています。

この変化に気付かず、従来の延命措置が続いていると
思っていたら、ある日突然、金融機関から事業の整理を迫られることも...

命を掛けて継続してきた事業が、金融機関によってピリオドを打たれる。

それを避けるために!

現状、経営改善計画が棚上げになっている会社さんは、

ぜひ認定支援機関を活用して、自立経営に向け舵を切ってください。

いつやるか?

補助金がでる今でしょ!!

愛知県一宮市
経営革新等支援機関
松原総合会計事務所(松原健午)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック