お知らせブログ

HOME > ブログ > お知らせ > 【ブログ第45回】経営戦略の出発点は、常に会計数値(MPA理論)

サイト内検索

カテゴリー

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

最新の記事

プロフィール

その他

【ブログ第45回】経営戦略の出発点は、常に会計数値(MPA理論)

 抽象的なお話しで恐縮ですが、黒字経営の継続は、

・マーケティング
・プロダクション
・アカウンティング=会計

の相互作用によってもたらされる、
とよく言われます。

このことについて、
スペルの頭文字をから、『MPA理論』として紹介している本もあるので、
ご興味のある方は、検索して読まれることをお薦めします。

マーケティングとは、商品・サービスを顧客に売るまでの市場での活動。
プロダクションとは、商品・サービスの内容や品質に関する活動。

そして会計数値(アカウンティング)は、
これらの活動の成果を映し出したものであります。

逆に、会計数値の動きを見ていれば、
マーケティング、プロダクションの問題点や、今後の方向性が見えます。

黒字経営を続けるには、

私は、必ず会計数値を見てから、
マーケティング、プロダクションの戦略を立てる必要があると思っています。

なぜ、会計数値からなのか?

それは、

数字こそが最も客観的な指標で、会計は数字そのものだからです!

経営者が、マーケティング、プロダクションを考える場合、
多分に主観が入り易いものですが、

その点、会計数値から考えることで、
経営者は客観的に自社の経営を見ることができます。



「会計は苦手で...」と言われる社長も多いですが、
黒字経営の継続に 「会計の知識は必須」 なのだと申し上げさせて頂きます。

お客様には、できる限り
会計の知識を身につけて頂きたいと思っております。


愛知県一宮市
経済産業省認定支援機関
松原総合会計事務所


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック